頬杖のクセはNG!たるみの元になります!

頬杖のクセはNG!たるみの元になります!

頬杖のクセはNG!たるみの元になります!

頬杖のクセはNG!たるみの元になります!頬のたるみはとても目立ちます!

 

目元もですが、頬がたるむと、とくに老けた印象になります。顔全体が暗く、老けたイメージがついてしまいます。フェイスラインも崩れて、痩せていても太って見えることもあります。

 

頬がたるむ原因はいくつかあり、頬骨がゆがむことによっても起こります。そこで、普段の生活、クセを見直してみましょう。つい、頬杖をついてしまっていませんか?頬杖をつくクセはやめた方がいいですよ!

 

首や顎の骨がゆがんでしまうため、たるみの原因になります。もう少し細かくいうと、片側の頬に頬杖をついていると、顎や首の骨を介して頭蓋骨にまで到達し、その結果、血行不良やリンパの流れが悪くなります

 

同時に、脳脊髄液(脳から指令や栄養を体内に送る液)の流れも悪くなってしまいます。すると、顔にたるみが目立つようになるのです・・・!しかも、同時に「シワ」も作られるようになります。

 

たるみとシワのダブルの年齢肌トラブルで、若い人も老けた印象に。実年齢よりずっと上に見られてしまうかもしれません・・・。

 

また、頭蓋骨からの影響によって、「頭痛、腰痛」など健康面、身体的な影響も起こります。美容のトラブルだけでなく、体調不良にもつながるので要注意です。

 

頬杖はほとんどの場合、片側にクセがついているため、顔の左右で違いが出ることもあります。美肌、美顔のためには、頬杖のクセをなおしましょう。

 

ちなみに、足を組むクセは骨盤のゆがみになり、下半身太りの原因になるので要注意です。顔も体も、ゆがまないように日々の生活に気を付けてみてください。

▲TOP