睡眠不足を解消して肌の悩みを解決へ!睡眠とお肌の関係とは?

睡眠不足を解消して肌の悩みを解決へ!睡眠とお肌の関係とは?

睡眠不足を解消して肌の悩みを解決へ!睡眠とお肌の関係とは?

睡眠不足を解消して肌の悩みを解決へ!睡眠とお肌の関係とは?睡眠不足はお肌の大敵とよく言いますが、それは事実です!!

 

皆さんも経験がありませんか?

 

「寝不足だなぁ」と自覚するほど睡眠時間が短かった翌朝、肌の調子が悪いと感じたことがありませんか。乾燥がひどい、肌があれている、ファンデーションが浮く、化粧ノリが悪いなど。

 

朝から肌のコンディションが悪いと、1日が憂鬱ですよね。楽しみのお出かけの予定があっても、いやになることありませんか。

 

このように、睡眠時間と肌のコンディションは密接に関係しています!

 

加齢とともに多くの方が悩むたるみも、コラーゲン不足や筋肉の衰えも一因ですが、睡眠不足も要因になると言います。皆さんが悩んでいるたるみも、元をたどると、睡眠不足が原因かもしれません・・・!

 

たるみを対策するためにも、毎日の睡眠時間や睡眠環境を見直してみましょう。まず、睡眠時間です。2~3時間では、疲れもとれませんし、お肌のためにもなりません。

 

忙しい女性はとくに睡眠時間が限られてきて、つい夜更かしして睡眠時間が短くなることもあると思います。ですが、それが肌に影響しているので見直すべきです。

 

まず、睡眠というのは最初の1時間30分ほどは「レム睡眠」に入ります。レム睡眠とは、浅い眠りのことです。その後、ノンレム睡眠が1時間30分ほど続いていきます。

 

ちなみに、夢をみているのはレム睡眠のときで、深い眠りのノンレム睡眠に入ると夢もみないそうです。

 

そして、このノンレム睡眠に入ったとき、お肌に重要な「成長ホルモン」の分泌が活発になります。

 

成長ホルモンときくと、成長期に必要なイメージですよね。実際に筋肉や骨の成長に関わっているので成長期に分泌が盛んになります。

 

それが、大人になっても分泌されることで、肌のダメージを修復したり、脂肪の分解を促して美容ケアになるのです。美肌にもダイエットにも重要なホルモンというわけです。

 

まとめると、入眠から1時間30分かけてノンレム睡眠に入りそれが1時間30分続くので、最低でも3時間の睡眠が必要です。睡眠時間は人それぞれ十分な量が違いますが、寝不足を感じないように、しっかりと睡眠をとりましょう。

 

睡眠をとっている間に、身体全身が休息をとり、お肌も休みをとって美肌につながります。

 

「ゴールデンタイム」や「シンデレラタイム」とは?

美容ワードとして、「ゴールデンタイム」や「シンデレラタイム」という言葉を聞いたことはありませんか?

 

これは時間帯で言うと、夜10時から深夜2時をさします。そんな異名がつくほど、この時間にはなにがあるのでしょうか?

 

それは、「成長ホルモン」です。成長ホルモンの分泌が一日の中でもっとも盛んになるタイミングで、ただし、睡眠に入っているときに限ります。

 

そのため、美容のためには夜10時には入眠しているのが理想的です。そして両立な睡眠が続いていくと、成長ホルモンの分泌も盛んになり、夜ぐっすりと眠って、美肌作り、しませんか?

 

睡眠は「質」も大切!

たとえば、7~8時間と睡眠時間自体が十分でも、質が悪く、常に浅い睡眠では意味がありません。良質な睡眠をとることが大切です。

 

そのためには、睡眠をとるときの環境も見直しましょう。布団などの寝具が体に合っている、照明をつけない、静かな環境を作る、アロマなどでリラックスもおすすめ。

 

また、寝る直前までスマホやPCを触っている方が多いのですが、それが脳を覚醒させて睡眠を妨害するので注意しましょう。

▲TOP